観光・絶景コース

 観光や絶景ポイントが含まれたコースをご紹介します。

コース一覧

芭蕉と歩む日光北街道コース 玉生地区

  • 県北エリア(塩谷町)
  • 6.6km
  • 01:39:45
  • 337.4kcal

 玉生地区は、江戸時代、日光から奥州街道に出るための日光北街道の宿場町として栄え、松尾芭蕉が玉生宿内の屋敷で一夜を過ごしたことが「曽良の旅日記」に記されています。
 本コースは、日光北街道や東武鉄道矢板線跡などを歩き、玉生地区の歴史と自然を感じることのできるコースです。
※経路途中に、トイレ・給水所等がありませんが、塩谷町総合公園のトイレ等を利用することができます。

芭蕉と歩む日光北街道コース 玉生地区

公園とおもちゃで遊ぶ壬力(みりょく)満喫さんぽ

  • 県南エリア(壬生町)
  • 7.2km
  • 01:48:39
  • 357.2kcal

 全国的に珍しい地名「おもちゃのまち」を有する地区の歴史を学び、東京ドーム11個分もある道の駅みぶ「とちぎわんぱく公園、壬生町総合公園、みぶハイウェイパーク」を歩く、壬力満喫のコースです。おもちゃに関するミュージアム「壬生町おもちゃ博物館」、「おもちゃのまちバンダイミュージアム」があり、2館の収蔵品合計は、9万5千点を超え、日本一「おもちゃを収蔵している町」ならではの特色のあるコースをお楽しみください。

公園とおもちゃで遊ぶ壬力(みりょく)満喫さんぽ

吹上地区史跡散策コース

  • 県南エリア(栃木市)
  • 6.7km
  • 01:40:55
  • 337.4kcal

 栃木市総合運動公園をスタートして、東善光寺、善応寺(伊吹山)、吹上城址、正仙寺などの史跡を巡りながらウォーキングやサイクリングを楽しめるコースです。
 スタート地点に駐車場、トイレがあり、ルートを示す大きな看板が設置されていてわかりやすいです。

吹上地区史跡散策コース

古墳や神社を巡って知る「みぶ歴史」さんぽ

  • 県南エリア(壬生町)
  • 8.7km
  • 02:11:00
  • 436.6kcal

 壬生寺をはじめとする歴史ある寺社や城下町を巡りつつ、古代の人々の息吹を感じる古墳まで、壬生の歴史がギュッとつまったコースです。時代に思いを馳せて、是非歩いて欲しいです。

古墳や神社を巡って知る「みぶ歴史」さんぽ

根古屋森林公園から永台寺のコース

  • 安足エリア(佐野市)
  • 3.0km
  • 00:45:31
  • 158.8kcal

 根古屋森林公園は、38haの広さで、針葉樹や広葉樹によって形成される公園です。そこから歩いていくと山間ののどかな街道(サルビア街道)が約800mに渡り、サルビアやコスモスが咲いています。初夏にはホタルが見られます。

根古屋森林公園から永台寺のコース

五行川堤ウォーキングコース(大前神社~田町橋)

  • 県東エリア(真岡市)
  • 4.3km
  • 01:05:26
  • 218.3kcal

大前神社から五行川を1.7キロ南下し戻ってくるコースです。
大前神社は福の神様「大国様恵比寿様」。お参りをしてからウォーキングをするとご利益があるかも知れません。
冬には途中の長瀬橋付近で鮭の遡上を見ることができます。

五行川堤ウォーキングコース(大前神社~田町橋)

久下田駅東方面 五行川桜づつみ公園ウォーキングコース

  • 県東エリア(真岡市)
  • 3.6km
  • 00:53:50
  • 178.6kcal

 真岡市弓道場をスタートし、真岡市に隣接する茨城県筑西市樋口にある「久下田城(樋口城)」跡地をとおり五行川桜づつみ桂公園を目指します。その後、大根田橋農村公園まで行き五行川を渡り、県道156号線を通って戻ります。
 春には、五行川桜つづみ桂公園の八重桜と雪柳。秋には城山公園の東のもみじの紅葉が美しく、五行川では鮭の遡上がみられます。また、冬には水鳥が飛来します。

久下田駅東方面 五行川桜づつみ公園ウォーキングコース

鬼怒川堤防ウォーキングコース

  • 県東エリア(真岡市)
  • 3.6km
  • 00:54:48
  • 178.6kcal

鬼怒さくら公園をスタートし、河野守弘の墓まで行き、鬼怒川沿いを北へ歩き、鬼怒川河川緑地公園まで来たら戻ります。コースは、広々として見晴らしがよく、春には桜や菜の花その他の花や、野鳥も見ることができます。秋から冬にかけて富士山が美しく絶景です。

鬼怒川堤防ウォーキングコース

井頭公園外回りウォーキングコース

  • 県東エリア(真岡市)
  • 3.2km
  • 00:47:35
  • 158.8kcal

『日本の都市公園100選』にも選定されている井頭公園内を歩くコースです。四季折々の花や鳥などが楽しめます。93.3haの広大な敷地には、中央の井頭池を囲む形でコナラ・クヌギ・アカマツなどの丘陵地と雑木林が広がっています。そこでは、桜、新緑、紅葉などの四季折々の自然の表情が楽しめます。園内には、水とふれあう一万人プールやボート池、植物とふれあうバラ園、動物たちとふれあう花ちょう遊館、井頭池に飛来する鳥たちを観察できる鳥見亭などがあり、多くの人が訪れます。
近くには地下1,500メートルから湧き出す天然温泉井頭温泉があり、毎日多くの人でにぎわっています。

井頭公園外回りウォーキングコース