カテゴリから探す「食べる」

弘法大師をしのぶ道コース 船生地区

  • 県北エリア(塩谷町)
  • 6.5km
  • 01:38:47
  • 317.5kcal

 船生地区は、日光北街道の宿場としても栄えました。鬼怒川沿いの岩盤に掘られた佐貫磨崖仏は、中世の作とも言われ、国指定の文化財となっています。
 本コースは、鬼怒川の風景を見ながら、川沿いを歩き、佐貫磨崖仏を回って戻るコースになっています。西側には日光連山が広がり、川と山そして岩と雄大な風景が広がっており、歩いて気持ちのいいコースです。

弘法大師をしのぶ道コース 船生地区

文化施設をめぐる町歩きコース

  • 宇都宮市エリア(宇都宮市)
  • 9.6km
  • 02:25:01
  • 476.3kcal

 栃木県の文化の拠点施設である県立博物館、県立美術館や、宇都宮市文化会館などを結び、公園、並木道、遊歩道、名所旧跡などを組み合わせた、季節に応じて楽しめる平坦な町歩きコースです。駅、駐車場、路線バスの利用や、コースのショートカットや逆周り、発着地点を、県立美術館、宇都宮市文化会館とすることなども可能です。
 県立博物館をスタートし、中央公園から歩行者自転車専用道路「なかよし通り」を経て、JR鶴田駅まで南下します。県道の跨線橋から景色を眺めた後、宇都宮市文化会館に進みます。隣接する明保野公園から南宇都宮駅、線路沿いに新川桜並木まで東進し、並木道を北上します。住宅や学校が続く中を、六道町の町並みを経て新川を北上し、大通りから県立美術館に到着します。
 県立美術館で名作品を鑑賞した後、県立博物館に戻り、展示やイベント等をお楽しみください。なお、美術館、博物館では、入館券半券の提示により、団体割引料金で入館できます。(ミュージアム割引:M割)

文化施設をめぐる町歩きコース

昔をしのぶ古墳のみちコース

  • 県北エリア(大田原市)
  • 11.0km
  • 02:46:01
  • 555.7kcal

 このコースは古墳時代から平安時代にかけて那須地域の中核地として栄えた地域になります。
 途中には、西暦400年ことに築造されたとされる上侍塚古墳、下侍塚古墳を中心とした古墳群や、宮城県「多賀城碑」、群馬県「多胡碑」と並ぶ日本三古碑の一つである「那須国造碑」があり、古代のロマンを感じることのできるコースです。

昔をしのぶ古墳のみちコース

朝業(ともなり)の郷めぐりコース

  • 県北エリア(矢板市)
  • 4.9km
  • 01:13:20
  • 238.1kcal

 矢板市川崎地区、木幡地区周辺の名所・旧跡をめぐるコースです。塩谷朝業(ともなり)にゆかりのあるスポットや木幡神社など、見どころも多く、安心してウォーキングを楽しむことができます。
 ウォーキングの後は、温泉施設でゆったり疲れを癒やすのもよいでしょう。

 

朝業(ともなり)の郷めぐりコース

木島堀コース

  • 県西エリア(鹿沼市)
  • 3.2km
  • 00:48:50
  • 158.8kcal

 まちの駅新・鹿沼宿をスタートして、かぬまの銀座通りをとおり、屋台の街中央公園を眺め、木島堀(せせらぎ公園)に行き、季節によっては紫陽花の花や紅葉を楽しみながら、木島堀を歩きます。その後、川上澄生美術館や図書館に立ち寄りながら、神社などの歴史・文化を感じさせるスポットを巡ります。

木島堀コース

根古屋森林公園から永台寺のコース

  • 安足エリア(佐野市)
  • 3.0km
  • 00:45:31
  • 158.8kcal

 根古屋森林公園は、38haの広さで、針葉樹や広葉樹によって形成される公園です。そこから歩いていくと山間ののどかな街道(サルビア街道)が約800mに渡り、サルビアやコスモスが咲いています。初夏にはホタルが見られます。

根古屋森林公園から永台寺のコース

桜咲くパノラマのみちコース

  • 県南エリア(栃木市)
  • 12.2km
  • 03:04:22
  • 615.2kcal

 大平下駅を出発し、ブドウ畑の中を進むと「雨月物語」や「七不思議」で有名な大中寺に着きます。舗装された歩道を東に進み、ゆるやかな坂道を登りきると、「陸の松島」と言われるすばらしい眺望の太平山謙信平に着きます。ここから一度六角堂まで下り、歩道の両側にアジサイの茂る長い石段を登りきると太平山神社です。桜並木の道を下ると郊外の住宅地に出ます。永野川を渡ると全山ツツジにおおわれた錦着山公園に至り、さらに市街地を進むと栃木駅に到着します。

桜咲くパノラマのみちコース

桜堤散策&道の駅お買い物コース

  • 県南エリア(栃木市)
  • 3.4km
  • 00:50:47
  • 158.8kcal

 西方地域は、豊かな自然に恵まれ、前日光の山々の恵みをうけて流れる思川の水を用いた米作と、大きくて中まで赤く甘さのある苺「とちおとめ」の栽培が盛んな美しい田園地帯です。
 思川沿いには、県の景勝地に選ばれた約200本の桜並木「金崎のさくら」があり、春には多くの花見客で賑わいます。国道293号沿いの「道の駅にしかた」には、特産品である苺「とちおとめ」、西方産米「桜おとめ」、地場産農産物を販売する「農産物直売所ふれあいの郷」や「交流物産館さくら」、地域食材を活用した「農村レストランふるさと一番」等、充実の施設があります。

桜堤散策&道の駅お買い物コース

水と緑と動物と自然とふれあい、SLの走る真岡を健康ウォークするコース

  • 県東エリア(真岡市)
  • 7.5km
  • 01:52:35
  • 377.1kcal

 真岡駅東口をスタートすると、ミニ健康チェック「まちなか保健室ほっとステーション駅前館」で、ミニ健康チェックができます。そこから、日本一のえびす様と大前神社まで行きます。途中行屋川水辺公園、真岡鉄道沿線の桜や北真岡駅の菜の花が楽しめます。五行川沿いを通り、戻りながら久保記念観光交流館、日本一大きな弁財天半跏像がある長蓮寺を見学しながら戻ります。

水と緑と動物と自然とふれあい、SLの走る真岡を健康ウォークするコース

水車小屋と日光そばを楽しむコース

  • 県西エリア(日光市)
  • 2.8km
  • 00:42:19
  • 138.9kcal

 日光例幣使そば街道の区域内にある日光市「大室」地区は、とちぎのふるさと田園風景百選に選定されています。
 「大室ダム」や「水車小屋」など地域のシンボルを巡るコースです。
 コースの途中にある日光産そば粉を使ったそば店があり、手打ちそばを楽しむことができます。また、各地からカメラマンが集まる水車小屋では昔ながらのお線香作りを見ることが出来ます。

水車小屋と日光そばを楽しむコース