エリアから探す「県北エリア」

すくすくの森周辺と唐の御所横穴を歩くコース

  • 県北エリア(那珂川町)
  • 5.9km
  • 01:11:54
  • 238.1kcal

 歌川広重の肉筆や浮世絵版画をはじめとする「青木コレクション」が展示されている趣きある美術館がスタート地点です。
 東側に位置する乾徳寺、裏山の森の散歩道、すくすくの森公園をぐるりと回り、北側に位置する唐の御所から広重美術館に戻るルートです。
 馬頭の自然と文化に触れて、心が豊かになるコースです。コースは、少々のアップダウンはありますが、みるみる変わる風景の変化に疲れを忘れて、楽しく歩けます。

すくすくの森周辺と唐の御所横穴を歩くコース

なす風土記の丘をめぐるみちコース

  • 県北エリア(那珂川町)
  • 12.7km
  • 02:35:03
  • 516kcal

 このコースは那珂川・権津川のもたらす豊かな実りにより、歴史と繁栄を重ねてきた地域をめぐります。

 途中には那須官衛遺跡(那須郡役所)や神田城跡などの史跡があり、これらの史跡や里の風景、屋号のならぶ街並みを楽しむことのできるコースです。

 

なす風土記の丘をめぐるみちコース

八幡つつじ群落を楽しむウォーキングコース

  • 県北エリア(那須町)
  • 3.7km
  • 00:44:29
  • 138.9kcal

 つつじ吊橋をスタート地点として、外周距離3.6km、所要時間1時間半ぐらいで歩けます。6月上旬の頃はつつじ群落で見事でしょう。
 また、紅葉の時期も良いでしょう。

八幡つつじ群落を楽しむウォーキングコース

古代文化の里とカタクリ山公園を歩く

  • 県北エリア(那珂川町)
  • 8.9km
  • 01:49:39
  • 357.2kcal

 ふるさとの森公園をスタートして、南側に位置する御霊神社を目指すルートは、サイクリングロードであり安心して楽しみながら歩くことができます。カタクリ山公園は、自然豊かな雑木林の中にカタクリやショウジョウバカマ等の群生が斜面を埋め尽くし、3月下旬~4月中旬は美しい風景を楽しみに歩くのも良いでしょう。カタクリ山公園から南側に位置する駒形大塚古墳は、国の史跡に指定され、駒形公園として整備されています。休憩場所にはお勧めです。駒形公園から北側に位置するなす風土記の丘資料館へのコースは、平坦ではありますが、田園風景の中をゆっくり景色を楽しみながら、那珂川町の自然を満喫できます。
 是非皆さんも歩いてみてください。

古代文化の里とカタクリ山公園を歩く

大田原いちょう並木を歩こうコース

  • 県北エリア(大田原市)
  • 6.1km
  • 01:14:15
  • 238.1kcal

 大田原市役所をスタートして、市役所通りを南南東に向かい浅香3丁目の交差点を左折し331号線のいちょう並木を通り、国道400号線を歩いて市役所に戻るルートです。交通量は多いものの歩道が整備され、どなたでも歩きやすくなっています。
 331号線はいちょう並木があり、秋には黄色く色づきとても綺麗です。また、国道400号線沿いには「トコトコ大田原」という複合施設があり、1階は「ショッピングフロア」、2階~3階は子ども達に大人気の「子ども未来館」、同じく3階に「市民交流センター」、4階は図書館があり、歩きながら施設に立ち寄れることも魅力です。
 平坦なコースで、立ち寄り施設も豊富なので、楽しみながら適度な運動ができます。ぜひ、みなさんも歩いてみてください♪

大田原いちょう並木を歩こうコース

大田原の歴史をたどるコース

  • 県北エリア(大田原市)
  • 5.3km
  • 01:04:29
  • 218.3kcal

 大田原市の中心市街地は、室町時代後期に那須家の家臣大田原資清(すけきよ)が大田原城を築城したことによりその基礎がつくられました。
 江戸時代は、大田原氏の城下町として栄え、また、旧奥州街道の宿場町として活気があふれ、大いににぎわいました。
 このコースは、大田原市役所をスタート・ゴール地点として、大田原の歴史をたどるコースです。

大田原の歴史をたどるコース

大田原市湯津上地区をめぐる発見・探検ロード

  • 県北エリア(大田原市)
  • 12.7km
  • 02:33:59
  • 516kcal

 大田原市湯津上地区は、那珂川や田園など自然環境に恵まれるとともに侍塚古墳や名刹などの史跡も点在する自然と文化にふれられるエリアです。 
 本コースでは水戸光圀が発掘調査を行ったことでも知られる侍塚古墳と地域の歴史について学べるなす風土記の丘湯津上資料館及び歴史民俗資料館のほか、栃木の銘酒である天鷹酒造の酒蔵見学、大きな天狗面や西行桜で有名な光丸山法輪寺の参拝、そして県内唯一の水族館、栃木県なかがわ水遊園をめぐることで様々な魅力を発見できます。

大田原市湯津上地区をめぐる発見・探検ロード

大金ウォーキングトレイル

  • 県北エリア(那須烏山市)
  • 6.0km
  • 01:13:13
  • 238.1kcal

 電車を利用する方は、大金駅をスタートし、保健福祉センター周辺を通って、荒川水辺公園、大金吊り橋を歩き大金駅に戻るコースです。車でお越しの方は、大金駅駐車場、保健福祉センター駐車場が利用できます。コース周辺に東屋、トイレ、水道が完備され休憩をとることが出来ます。
 烏山線は気動車であり、那須烏山市の自然を満喫しながらのんびり電車の旅を楽しむこともできます。また、1日3往復全国初の蓄電電車「アキュム」が運行しておりますので、鉄道好きの方はより楽しめること間違いありません。烏山線は宝積寺駅、大金駅と縁起のいい名前の駅があり、乗るだけでも金運アップのご利益があるかもしれません。
 このコースは日本ウォーキング協会公認の「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれている安心して歩けるお勧めのコースです。ウォーキングトレイル内に2カ所桜並木があり、春は美しい桜の風景を見ながら歩くことが出来ます。秋は荒川の川のせせらぎを聞きながら、山々の紅葉を楽しむことが出来る自然に恵まれたコースで、更にコース内には100m毎に表示があるため、歩数確認等ができる便利なコースにもなっています。

大金ウォーキングトレイル

小川で歴史探訪と温泉を堪能するコース

  • 県北エリア(那珂川町)
  • 8.1km
  • 01:38:47
  • 317.5kcal

 那須連邦を望める広々とした田園風景を歩き、なすの風土記資料館や樹齢450年の大いちょうのある光照寺など歴史探訪、温泉や手打蕎麦を堪能できるコースです。

小川で歴史探訪と温泉を堪能するコース

山あげ祭の里をめぐるコース

  • 県北エリア(那須烏山市)
  • 8.7km
  • 01:45:30
  • 357.2kcal

 このコースは国の重要無形民族文化財にも指定され400余年の歴史と伝統を誇る山あげ祭の里、那須烏山をめぐります。
 途中には山あげ会館、烏山城址などがあり、永い歴史と伝統、豊かな自然を満喫できるコースです。

山あげ祭の里をめぐるコース