ピッピとピコの花を巡るコース

エリア名
県南エリア
市町村
壬生町
コースの距離
2.5km
徒歩所要時間:
00:30:36
消費カロリー
99kcal
1

スマートフォンでこのページを見る

  • ピッピとピコの花を巡るコース

コースの見どころ

 とちぎわんぱく公園は面積37.2haと広く、安全で安心してウォーキングをする事が出来る施設です。
 公園内の冒険の湖ではカモ等や、四季折々の花を見ながら歩くのも1つの楽しみです。
 歩きつかれたら、みどりの丘で自然を満喫して一休みすることが出来ます。

コースのチェックポイント

  1. 正面入り口もりぞうくん
    スタート 正面入り口もりぞうくん

     ようこそ、わんぱく公園へと声の案内があり大きな目が動きますので初めての方は驚きます。

  2. トイレ
    チェックポイント 1 トイレ
    • トイレ

     わんぱく公園内には、13ヶ所設けられてあります。

  3. 夢花壇
    チェックポイント 2 夢花壇
    • トイレ
    • 休息所
    • 給水所

     とちぎわんぱく公園には、桜や数種類のチューリップ、向日葵、コスモス等が植えられ、各季節で散歩する方々の目を楽しませてくれると共に、心を癒してくれます。

  4. とちぎわんぱく公園みどりの広場
    チェックポイント 3 とちぎわんぱく公園みどりの広場
    • トイレ

     滑り台やネット登りなどのいろいろなアスレチック遊具があります。また、たぬき迷路もあります。

  5. 壬生ハイウェーパーク・道の駅みぶ
    チェックポイント 4 壬生ハイウェーパーク・道の駅みぶ
    • 休息所

     壬生町特産のかんぴょうが出来るまでの工程を展示(からくり人形を使い)してあります。
     壬生ハイウェーパークは、栃木県では初となるハイウェーオアシスで、一般道の「道の駅」にもなっております。

  6. 不思議の船
    チェックポイント 5 不思議の船
    • トイレ

     施設内には音が巨大な機械・赤外線ビーム・鏡の迷路などがあります。ふしぎの船は、なんで、どうしてと思う体験ができます。

  7. 正面入り口もりぞうくん
    ゴール 正面入り口もりぞうくん

     ようこそ、わんぱく公園へと声の案内があり大きな目が動きますので初めての方は驚きます。

コース一覧

風薫る巴波川コース

  • 県南エリア(小山市)
  • 5.9km
  • 01:11:25
  • 238.1kcal

 巴波川決壊口祈念公園からスタートし、巴波川を眺めながら土手を周回するコースです。公園は春には、桜の里親により植えられた思川桜が咲きほころび、開放感あふれる広い芝生から川を望めば、清々しい風を感じられます。
 また、寒川地区は、とちぎのふるさと田園百選に認定されており、初夏には、麦秋や田面に映える寒川古墳群などのどかな田園風景を歩きながら見ることができます。
 車の心配もなく、平坦で安心して歩けるので、子どもや、高齢者の方に優しいウォーキングコースです。

風薫る巴波川コース

水車小屋と日光そばを楽しむコース

  • 県西エリア(日光市)
  • 2.9km
  • 00:35:10
  • 119.1kcal

 日光例幣使そば街道の区域内にある日光市「大室」地区は、とちぎのふるさと田園風景百選に選定されています。
 「大室ダム」や「水車小屋」など地域のシンボルを巡るコースです。
 コースの途中にある日光産そば粉を使ったそば店があり、手打ちそばを楽しむことができます。また、各地からカメラマンが集まる水車小屋では昔ながらのお線香作りを見ることが出来ます。

水車小屋と日光そばを楽しむコース

焼物としいの木のみちコース

  • 県東エリア(益子町)
  • 11.8km
  • 02:23:35
  • 476.3kcal

益子駅から陶器店が立ち並ぶ街中へと進みます、春と秋には陶器市が行われ、益子焼を求め、全国から多くの人が訪れます。街をぬけ田園地帯を歩き、高館山を登って行くと西明寺に着きます。この寺の周囲には暖温帯の特徴的な植物であるシイの林が残っており、「西明寺の椎林叢(しいりんそう)」として県の天然記念物に指定されています。また、冷温な地帯に生育するブナもあり、高館山はシイとブナが共存している貴重な環境にあります。植物を楽しみながらさらに山を登ると、権現平や高館城跡付近で町を一望することができます。その後は、道は下り、益子の森へと続きます。益子の森にある展望台やひだまり広場でひと休みして、窯煙のたなびく小道を歩き、雑木林を抜け、円通寺表門の前を通って、七井駅に着きます。

焼物としいの木のみちコース