すくすくの森周辺と唐の御所横穴を歩くコース

エリア名
県北エリア
市町村
那珂川町
コースの距離
5.9km
徒歩所要時間:
01:29:20
2

各種操作

消費カロリー計算
---kcal
体重: Kg

スマートフォンでこのページを見る

  • すくすくの森周辺と唐の御所横穴を歩くコース

コースの見どころ

 歌川広重の肉筆や浮世絵版画をはじめとする「青木コレクション」が展示されている趣きある美術館がスタート地点です。
 東側に位置する乾徳寺、裏山の森の散歩道、すくすくの森公園をぐるりと回り、北側に位置する唐の御所から広重美術館に戻るルートです。
 馬頭の自然と文化に触れて、心が豊かになるコースです。コースは、少々のアップダウンはありますが、みるみる変わる風景の変化に疲れを忘れて、楽しく歩けます。

コースのチェックポイント

  1. 馬頭広重美術館
    スタート 馬頭広重美術館
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場
    • 給水所

     歌川広重の肉筆画や浮世絵版画などを展示しています。年間約9本の展覧会を開催しています。自然と光あふれるモダンな空間で江戸の世界を楽しめます。平屋建てで落ち着いた感じの建物は、那珂川町の周囲の景色に溶け込んでいます。

  2. 乾徳寺
    チェックポイント 1 乾徳寺
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場
    • 給水所

     乾徳寺は、曹洞宗の寺院です。本専は、宝冠のお釈迦様、脇侍は文殊菩薩さまと普賢菩薩様です。山門は、千鳥破風造りであり400年前、武茂家屋敷の表門としてあつたものを菩提寺へ寄贈されました。
     このお寺は、四季折々の自然の美しさに出会えるとともに、坐禅や作務体験ができます。裏山には「森の散歩道」が整備されています。

  3. チェックポイント 2 通過地点
  4. チェックポイント 3 通過地点
  5. ベンチ
    チェックポイント 4 ベンチ
    • 休息所

     小一時間のちょうどよい散策路があります。左手には日光連山、右手には那須連山が見えます。途中には東屋もあり、季節の花々や紅葉の美しい景色を楽しむことができます。
     山頂のベンチで景色を見ながらお茶を飲むと、格別に美味しいでしょう。

  6. トイレ・ベンチ
    チェックポイント 5 トイレ・ベンチ
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場

     きれいなトイレは気持ちがいいですね。

  7. 唐の御所横穴
    チェックポイント 6 唐の御所横穴
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場

     昭和9年(1934)に国指定史跡に指定、周囲は駐車場や散策路が整備されています。7世紀前後の横穴式古墳です。
     平将門の娘が隠れ住んだという伝説が残っています。古墳の横穴で子供を産んだ娘である事が世間に知られるのを恐れ、唐上帝王(中国の皇帝)の后と身分を偽った事から何時しか「唐の御所」と呼ばれるようになりました。

  8. 馬頭郷土資料館
    チェックポイント 7 馬頭郷土資料館
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場
    • 給水所

     那珂川町の縄文時代~近現代までの歴史と文化を展示しております。また、郷土の人物小砂焼・産金の歴史を詳しく紹介しているコーナーもございます。ぜひ、お気軽にお越しください。

  9. 馬頭広重美術館
    ゴール 馬頭広重美術館
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場
    • 給水所

     歌川広重の肉筆画や浮世絵版画などを展示しています。年間約9本の展覧会を開催しています。自然と光あふれるモダンな空間で江戸の世界を楽しめます。平屋建てで落ち着いた感じの建物は、那珂川町の周囲の景色に溶け込んでいます。

コース一覧

宇都宮市街地周遊コース

  • 宇都宮市エリア(宇都宮市)
  • 3.1km
  • 00:46:27
  • 158.8kcal

 東武宇都宮駅から出発して、松が峰教会、宇都宮城址公園、二荒山神社等、宇都宮市街地の名所を巡るコースです。
 中心市街地であるため、交通量は多いですが、歩道が比較的整備されており歩きやすいコースです。
 また、前記名所のほか、コース上にはオリオン通り商店街や宇都宮PARCO等の商業施設、宇都宮城址公園や二荒山神社境内の桜等、様々な景色を楽しめるコースであり、程よい運動・気分転換になります。

宇都宮市街地周遊コース

野州麻と鹿沼そばを楽しむ

  • 県西エリア(鹿沼市)
  • 8.1km
  • 02:01:40
  • 396.9kcal

 日光例幣使そば街道区域の南端に位置する鹿沼市永野地区は、とちぎのふるさと田園風景百選に認定されており、夏には日本一の産地である「麻」、秋には「そば」や「こんにゃく」と、今では見る機会が少なくなってきた伝統的な農産物の栽培風景が見ることができます。古くから守り・引き継がれてきた美しい農村風景をお楽しみながら、麻の歴史に親しみ、そばの味を堪能できるコースです。

野州麻と鹿沼そばを楽しむ